炭酸水の疲労回復とダイエット効果の関係

現代人は疲労回復が大事

ストレス社会と言われている近年、
食生活とか生活習慣の変化とか
現代人のストレスや疲労は蓄積していくばかりですね。

 

ストレスや疲労を溜め続けると
あらゆる病気の原因となりかねないです。

 

疲労が蓄積すると免疫力が低下してちゃうので、
病気の引き金になってとっても危険><

 

現に「過労死」という言葉は日本にしか存在せん。
いかに日本人が休まず働いていることが伺えますよね!

 

でもたくさん働くことが悪いというわけでなくて、
それだけ身体を酷使したなら
その分休ませる必要がある
ということなんです。

 

疲労の蓄積は最悪「過労死」なんてこともある、
そう考えればしっかりと疲労回復したいですよね^^

 

乳酸が溜まると痩せにくくなる

私たちが仕事や運動を行ったりすると
体内でAPTという物質が消費されます。

 

APTは筋肉中に含まれているのですが、
少量しかないためすぐになくなっちゃいます。

 

この時APTを生産させる物質が糖質やグリコーゲンで、
これらを分解してAPTを生み出すんですよ。

 

でもそれらAPTと同時に「乳酸」が作りだされ、
この乳酸が疲労の原因となる疲労物質となります。

 

乳酸は筋肉中に作られ、細胞の活性が低下してしまいます。
乳酸の量が多くなればなるほど
疲れを感じやすくなり疲労感が増えるんですね。

 

細胞が不活性化して基礎代謝能力の落ちた身体は
ダイエットにも不向き
で、痩せにくい状態となっちゃってます。
効率的に痩せるためにはまず疲労回復を行いましょう♪

 

炭酸水の血行促進で疲労回復!

炭酸水に含まれている重炭酸には、
疲労物質の乳酸を中和する働きがあります。

 

そのため疲労を感じるようなら炭酸水を飲むと
根本的に疲労を緩和することができるんですね。

 

また、同じ運動量でも
疲れやすい人と疲れにくい人がいるでしょう?

 

これは血液循環が大きく関係してて、
疲労しにくい人は血行が良いので乳酸を早く流します。

 

逆に血行不良だと乳酸が流れにくく
いつまでも疲労感が抜けないと感じちゃいます。

 

炭酸水には血行促進効果があるので、
飲むことで疲労回復だけでなく血流アップにもなりますね。

 

 

身体の循環を良くすることで疲れにくくなり
ダイエットしやすい身体へとなるんですよ^^

 

麻衣さんのコラムに戻る
サイトトップに戻る